CTLYA – PERSONAL LIFE

Release Date: 2016-03-16
Available now on:

京都発5人組ポスト・パンク・バンドCTLYA(カトレア)によるダークでポップな新作『PERSONAL LIFE』がリリース!

Tracklist

01. CYANOTYPE
02. PASSAGE
03. SHE STAYS AT THE END OF DREAM
04. WINTERREISE
05. #1
06. THE CUTTER
07. PERSONAL LIFE
08. I BELIEVE IT WITHOUT YOU

Description

京都を中心に活動する5人組男女混合バンドCTLYA(カトレア)が新作『PERSONAL LIFE』をリリースすることが決定した。Joy Divisionを始めとした70~80年代のポスト・パンク、ニューウェイブのシーンからの影響が強いエッジの効いたギターやシンセに、ゴシック色のボーカルが重なるサウンドは、国内に留まらない才能を発揮している。

今作は2013年にリリースした『Young met in the flowers, They fell in the mood』以来3年ぶりの作品となる。疾走感のある楽曲を中心にシックにまとまった楽曲群。いい具合に洗練され、2000年以降に誕生したポスト・パンク・リバイバル・シーンとも共鳴し、その白眉なタレント性をもってして放たれる異彩な音世界は、ダークでポップなCTLYA自身の持つ世界観を完全に体現している。

Biography

CTLYA(カトレア)は2011年に京都を中心に結成された5人組男女混合バンド。70~80年代のポスト・パンク、ニューウェイブ、ニュー・ロマンティック、ゴス、またLILLIES AND REMAINS、PLASTICZOOMSなど近年の日本のリバイバル勢にも多く影響を受け、ダークとポップを巧みに融合したサウンドを展開している。

2012年12月に自主制作音源1st Demoをライブ会場限定で販売。2013年5月には京都Club MetroにてThe WhipのJapan Tourのオープニングアクトを務めた。同年8月にはPoisonous Baum Recordingsより初の全国流通作品となるミニ・アルバム「Young met in the flowers, They fell in the mood」をリリース。このアルバムでは敬愛して止まないPLASTICZOOMSのボーカル、SHO ASAKAWAによるRemixを収録し、2015年5月には共演も果たした。2016年3月にはキャリア2枚目となる新作『PERSONAL LIFE』をリリースする。